Excel

超高速連続値貼り付け【#Excel #操作 #初心者~上級者】

あなたは
Excel
値貼り付け
行うとき、
どのように
操作して
いますか。

右クリックし、
値で貼り付けの
メニューを
選んで
いる
でしょうか。

一度や
二度
くらい
なら
右クリック
メニューから
値貼り付け
選んでも
大変では
ない
かも
しれませんが、
十回や
二十回に
なると
かなり
大変です。

ここでは、
簡単
超高速
連続
値貼り付け
する
方法を
紹介します。

なお、
対象となる
Excelの
バージョンは
2013
2016です。
2010以前
では
できませんので、
ご注意
ください。

結論

貼り付けたい
値の
入力
されている
セルを
コピーした
状態で、
値貼り付けを
したい
セルを
右クリックし、
メニューが
開いたら
キーボードの
「V」を
押します。

以上。

なお、
続けて
値貼り付けを
したい
場合は
そのまま
次の
値貼り付けを
したい
セルを
右クリックして
「V」を
押してください。

仕組み

セルを
右クリック
すると
コピーや
貼り付け
などの
操作が
できる
メニューが
開かれますが、
この
メニューの
項目には、
それぞれ
ショートカットキーが
割り当てられて
います。

項目に
対応する
ショートカットキーを
押す
ことで
その
メニューを
実行
することが
できます。
そして、
値貼り付けには
「V」が
割り当てられて
いるので、
右クリック後
「V」を
押すことで
簡単に
値貼り付けが
できます。

ちなみに、
メニューの
各項目に
割り当てられている
キーは、
項目名の
後に
()で
書かれています。
これを
見れば、
他の
項目も
同じように
簡単、
高速で
実行
することが
できます。

まとめ

エクセルで
何度も
値貼り付けを
しなければ
ならない
あなたは、
すぐに
この技を
マスターし、
たくさんの
作業を
やっつけましょう。

そこまで
何度も
値貼り付けを
することの
ない
あなたは、
記憶の
どこかに
とりあえず
しまって
おいて、
いつか
必要に
なったときに
思い出して
みてください。