Excel

関数を使って時間を24時間を超えて表示する【#Excel #時刻 #初心者】

あなたは、
24時間以上
時間を
表示したいと
思ったことは
ありますか。

例えば、
36時間を
表示するときは
「36:00」
と入力すれば
36時間に
なりますが、
時刻同士を
引き算したりした
結果に
対しては
うまく
表示することが
できません

この例では
「36時間」
と表示されてほしいところが
「2.5」
になっています。

ここでは、
関数
使い、
24時間以上
時間を
表示する
方法を
紹介します。

もう
知っている
という
あなたには
役に立つ
情報が
少ないかも
しれませんが、
もしかすると
あなたの
知っている
方法とは
違う方法
紹介できるかも
しれません。

もし
お時間が
あれば、
3分ほど
眺めていって
ください。

方法:書式で [h]:mm:ss

セルの
書式設定で

[h]:mm:ss


入力
することで、
時間の
セルを
24時間以上
表示に
することが
できます。

この通り、
先ほどは
2.5
だった
セルの
表示が、
60:00:00
になっています。

こちらの
方法では、
表示された
値を
さらに
別の
計算に
流用することが
できます。

ただし、
別の
セルに
コピーする
場合には、
書式ごと
貼り付けないと、
また
2.5

戻って
しまいます

方法:TEXT関数

=TEXT(時間の入っているセル,”[h]:mm:ss”)

また、
このように
入力することでも、
時間の
入った
セルを、
24時間以上
表示に
することが
できます。

こちらの
方法の
場合は、
表示されている
時間を
さらに
計算に
使用したり
することは
できない
ものの、
他の
セルに
コピー
したときでも
表示された
内容が
変わることが
ないという
特徴が
あります。

また、
他の
文字列と
結合した
場合でも、
表示
された
とおりに
結合することが
できます。

まとめ

24時間 以上の 表示に 困ったことが ない あなたへ

あなたの
作業では、
これから先も
24時間以上の
時間を
表示する
必要が
出ることは
ないかも
しれません。

もしも
この先、
24時間以上の
時間を
扱う
必要が
出たら、
この
記事の
ことを
思い出して、
的確に
仕事を
始末して
いって
ください。

24時間 以上の 表示に 困っていた あなたへ

これで
あなたは、
24時間以上の
時間を
操作する
術を
身に着けました。

これから
先にも
きっと、
あなたは
24時間以上の
時間を
扱うことが
あると
思います。

この記事の
情報が
あなたの
これからを
明るく
していって
くれることを
願っています。