転職

適職診断ができるサービスまとめ【とても当たる】

あなたは、今のお仕事に不満はありませんか。
不満がなくとも、もっと自分に向いている
お仕事があるのではないかと思ったことはありますか。

適職診断を学生時代に受けたことがある人でも
今改めて受けてみると違った結果が
得られることもありますし、
何よりすでに過去の結果を
忘れてしまっている人も多いと思います。

ここでは、適職診断、性格診断のサービスをまとめ、
それぞれの特徴を紹介していきます。
ついでですが、私の診断結果も載せていきます。
私と同じ性格のあなたは、ぜひ仲良くしてください。

時間のないあなたは結局おすすめは?だけお読みください。

なお、転職等へのご利用は自己責任でご自由にどうぞ。

16Personalities

MBTIと呼ばれる手法を使って、
あなたの性格を16通りに分類します。
どんな仕事に向いているかを
ダイレクトに提案するわけではなく、
性格の傾向から向いている職業の傾向を示唆します。

元々英語で作成されていたサイトのようで、
一部の診断結果は英語しかありませんが、
日本語で読める分だけでも十分な内容があります。

一部が英語でしか読めないのが
かえって良くできているような印象を受けました。
個人的に一番お気に入りの性格診断です。

所要時間・設問数

設問数は90問。
所要時間は私の場合は7~8分程度でしたが、
あまり考え込まずに回答することが推奨されています。

筆者の診断結果

私の結果はINTJ(建築家)もしくは
INTP(論理学者)になることが多かったです。
いずれにしろ合理主義タイプですが、
かなり当たっています。
初めて診断したときは衝撃でした。

16Personalities

適職診断16 ~理想の職業「天職」は?~

こちらも上の16Personalityと同じく、
MBTIをベースにした診断になります。

こちらの診断は適職診断なので、
あなたに向いているお仕事を
ダイレクトに提案してくれます。

もちろん性格診断の部分もあり、
詳細については別ページで
詳しく説明されています。
性格診断のページでは、
同じ性格の偉人やアニメキャラクターも
紹介されているので、
バラエティーよりな内容もあります。

設問数・所要時間

設問数は簡易版で12問、精度重視版で36問です。
簡易版なら1-2分、精度重視版は5-6分で終わります。

すでに16Personalityを受けたあなたは、
結果の性格系統から見ると時間の節約になります。
質問の表記が微妙に異なるので、
改めて受けてみると違った結果が出るかもしれませんね。

筆者の診断結果

私はここで受けるとほぼINTJ(アイデアマン)になります。
こちらも16Personaritiesと同じ理論を
ベースにしているのでとてもよく当たっています。
同じ性格のキャラクターは、
合っているような、合っていないような感じでした。

適職診断16 ~理想の職業「天職」は?~

もししっくりこなかった場合は、
性格診断のページの説明をいくつか読んで、
当たっていると思う性格タイプから
適職診断のページを見るといいでしょう。
もしくは、性格診断を改めて受けてみましょう。

辛口性格診断16 ~あなたは誰と同じタイプ?~

適職診断9 ~NG職業を避け、就職活動や転職を成功させよう~

こちらは適職診断16と同じサイトの別の適職診断になります。

エニアグラムという性格分類に基づくもので、
あなたの性格を9種類に分類し、適職を提示します。

適職診断16では性格分類を
マトリクスで表していましたが、
こちらでは横並びの9分類となっています。
そのため、傾向によっては
いくつかの性格種別が混ざり合うことがあります。

設問数・所要時間

設問数は簡易版が2問、通常版が45問です。
簡易版なら30秒程度、通常版なら5分程度で終わります。
簡易版はすぐに終わりますが、
最も近い性格しか診断されないので、
ある程度詳しく調べたい場合は通常版がおすすめです。

また、こちらでも同じ性格傾向の
著名人やアニメキャラクターが紹介されています。
エンターテイメントとしても使えます。

筆者の診断結果

私の診断結果は、タイプ5(学者肌)が一番強く、
次点がタイプ4(個性的な人)になることが多いです。

適職診断9 ~NG職業を避け、就職活動や転職を成功させよう~

適職診断16と同じく、別ページで
性格メインの診断が行えます。
内容がしっくりこなかったら、
こちらで性格傾向について
詳しく確認するのがいいでしょう。
もしくは、改めて診断を受けましょう。

性格診断で自己分析!

嫌な職場環境診断 ~ストレスだらけの仕事~

こちらは適職診断16のバリエーションで、
向いているお仕事ではなく
向いていないお仕事を提示する診断です。

MBTIをベースにした診断で、
質問内容は適職診断16と同じです。
一度適職診断16を受けた後であれば、
そのままリンクをたどって診断結果を見ることができます。

この診断の場合は、他の適職診断と違い、
職業そのものを提示しないので、
ある程度汎用性のある使い方ができます。

設問数・所要時間

設問数は簡易版で12問、精度重視版で36問です。
簡易版なら1-2分、精度重視版は5-6分で終わります。

適職診断16を受診済みであれば、敢えてこちらだけ受診する必要はないでしょう。
逆に、適職診断16を未受診であれば、こちらが終わった後に性格診断のページも見ておくといいでしょう。

筆者の診断結果

INTJ型がストレスをためる職場

  • 斬新なアイデアが評価されない
  • 上司や同僚が無能
  • 一人でじっくり考える時間がない
  • 何かと段取りに無駄が多く非効率的
  • 長期的なビジョンが軽視される
  • 根性&精神論の体育会系
  • 知的センスが評価されない
  • 改善策を提案しても、煙たがられる
  • 人間関係のいざこざに悩まされる
  • ルーチンワークばかり
  • 能力や技能を伸ばす機会がない
  • 周囲への影響力を持てない
  • 上司の好き嫌いや感情で、自分の仕事が評価される
  • 貢献に対して、相応の報酬がもらえない

私の職場がぴったり当てはまっていて笑いました。

……転職、しようかな。

嫌な職場環境診断 ~ストレスだらけの仕事~

適職診断 ビジネスパーソンとして、あなたの可能性を診断! ~39の設問に直感で答えてください~

こちらは転職サイトの
キャリアインデックスが運営している適職診断です。

運営が転職サイトだからか、
企業に所属することを前提とした
質問が多くありました。
診断結果も、企業に所属することを
前提とした結果が出るようです。

診断結果はかなり詳細で、情報量は多いです。
他の転職サイトだと無料登録しないと
詳細な診断結果が見られないことも多いので、お手軽です。

普通の感性を持ったあなたなら、
きっと正しく診断してもうことができるでしょう。
ただ、やや社会不適合気味の特性を持ったあなたの場合、
会社の枠に当てはめようとした結果、
かえって本質から外れた診断結果が
出てしまっているかもしれません。

設問数・所要時間

質問数は39問ですが、
診断するたびに質問の順序や内容は異なります。
診断結果がしっくりこなければ、
再度診断することで当たる内容になるかもしれません。
所要時間は6~7分程度です。

筆者の診断結果

私の診断結果は1回目は研究・開発職、
2回目は営業職、3回目はインターネット・Web関連職でした。

……バラバラです。
あまり当たっていないような気がします。

適職診断 ビジネスパーソンとして、あなたの可能性を診断! ~39の設問に直感で答えてください~

適職をディグる! ジョブリシャス診断

マイナビ転職が運営している適職診断です。

ディグラム診断という理論に基づき
5つの属性の点数によって、
性格分類をしていきます。
波形によって性格分類を行っているようです。

設問数・所要時間

設問数は20問で、
質問内容は何回やっても変わりませんが、
順番が変わります。

「どちらでもない」をなるべく選ばないようにすると、
妙な結果になります。
なるべく「どちらでもない」を選ばないように、
という指示もないので、
迷ったら「どちらでもない」にしておきましょう。

登録しなくても診断を受けることはできますが、
適職診断を見たい場合は
マイナビ転職に会員登録する必要があります。

初めから転職を前提にしているのであれば、
登録しておくといいでしょう。
性格診断だけでよければ特に登録の必要はありません。

筆者の診断結果

私の診断結果は、
部下には厳しいナルシスト、
明るくおちゃめなリーダータイプ、
冷静沈着なロボット型スペシャリスト、でした。

3回受けてようやくしっくりきました。
これもあまり当たっていないような印象です。

適職をディグる! ジョブリシャス診断

エゴグラムによる性格診断

こちらはエゴグラムという理論に基づいた性格診断です。
サイトデザインがちょっと懐かしい感じになっています。

診断の理論としてはおそらく上の
ジョブリシャス診断とほぼ同じです。
何が違うのかはよく分かりません。

当たっているかどうかでいうとそれなりですが、
診断結果がかなり辛口です。
ほかの性格診断、適職診断は
割とポジティブな言い方をしますが、
この性格診断はかなりネガティブな言い回しをします(私だけでしょうか)。

気の弱いあなたは、同じ理論の
他のサイトで診断を受けた方がいいでしょう。
Mっ気のあるあなたは、必ずここで診断を受けましょう。

筆者の診断結果

私の診断結果はbcacbでした。
「人生を余り愉快には、生きて居ないように
見受けられるタイプ」だそうです。
同じ理論のはずが、ジョブリシャス診断とは
違う結果になりました。
設問の聞き方によって
結果にブレが出やすい診断と言えます。

……ちょっとひどくないですかね。

エゴグラムによる性格診断

才能と性格を見抜く性格診断/適職・天職・よく当たるハニホー

こちらは占いや性格診断を主としているサイトの運営する性格・適職診断です。

トップには恋愛や結婚の診断が多くあることから、
性格診断としての側面が強いようです。

設問数・所要時間

質問数はプロフィールを除いて12問。
所要時間は7~8分です。
全て複数選択式で、他の適職診断とは少し趣が異なります。
質問内容は何度答えても変わりません。
プロフィールの部分は次の回答のときには
保存されているようなので、スキップすることができます。

筆者の診断結果

私の診断結果は
「ハルトさんの素晴らしさは
理解力がありつつ頭の回転が速いところ
と認定されました。」
だそうです。
適職ランキングの1位は公認会計士でした。

他の診断よりも学者系の適性が高く、クリエイティブの適性が低めに出ました。
クリエイティブの質問が創作よりも企画よりだったのが効いているのかもしれません。
もしかするとクリエイティブ職がグラフィックデザイナーしかないのかも。

総合的には普通、と言ったところです。
方向性によっては当たり判定が出にくい職業がありそうです。

才能と性格を見抜く性格診断/適職・天職・よく当たるハニホー

結局おすすめは?

16Personalitiesです。

本質的に適職診断ではありませんが、
自分の性格を改めて知ったうえで、
自分の性格特性から、
向いていそうなお仕事、
向いてなさそうなお仕事を
探していくのが正道でしょう。

次点は嫌な職場環境診断 ~ストレスだらけの仕事~です。

絶対に合わないであろうお仕事を
最初に排除しておくのは必要なことです。
天職を見つけるよりも簡単で効果が高い方法でしょう。