Unity

Unityでゲームを作ろう Part1 インストール編

以前から気になってはいました。

ゲーム制作に便利らしい、Unityというものがあると。

結構いろいろなところで利用されているらしいので、どんなものか一度見てみたいとは思っていました。

しかし、意外と取れる時間が少なく、後回しになってしまっていました。

「まあ、RPGツクール持ってるし、わざわざ新しいもの使わなくてもいいんじゃない?」

だめだ! そんなことではいけない!

現状持ちうるもので満足することは大事だが、新しいことには常に触れていかなければ。

そうでなければ老いてしまう。世界の流れについていけなくなってしまう。

そんなわけで、Unityで何かゲームを作りたいと思います。

今回Part1ですが、完成まで何回かかることか……。

では、開幕。

Unityダウンロード→インストール

ゲームを作ろうにも、まずは手に入れるところからですよね。

とりあえずググってみました。

「unity ダウンロード」っと。

その結果がこちら。

おお、一番上にそのものずばりが出ました。

さて、じゃあここからダウンロードを

なんか二つあるんですが。

調べたところ、とりあえずUnity Hubにしておけばいいらしいです。

Unityは基本的にメニューが英語らしいんですが、Unity Hubだと日本語化も簡単にできるらしいです。日本語万歳。

では、Unity Hubをダウンロード。

数秒でダウンロード完了。
軽っ!

セットアップを起動して、とりあえずOKOKで完了。

では、Unity Hub起動!

なるほど、これはランチャーか。

とりあえずダウンロードっと。

これでバージョンを選ぶようですね。

ベータでもないようなのでとりあえず一番新しいUnity 2018.3.5f1にしましょう。

コンポーネントというのは対応するプラットフォームのことでしょうか。AndroidとかiOSとかあるのでたぶんそうでしょう。

どうやら後から追加もできるようなので、とりあえずめぼしいものを適当に選びます。

最後に忘れずに言語パックで日本語を選びましょう。これさえあれば百人力。

インストールが始まりました。どれくらい時間がかかるでしょうか。通信環境によって差があるとは思いますが、私の環境では11分かかりました。長いような、短いような。

よっしゃあ!
インストールが完了しました。

さて、次からようやくゲームを作り始めます。

とりあえず目標は「桃太郎」で。