Excel

関数を使ってスペースを削除する【#Excel #文字列 #初心者】

あなたは、
エクセルに
入力された
文字列から

スペースを
削除したいと
思ったことは
ありますか。

もちろん、
基本機能の
置換を使えば

スペースを
削除することは
できますが、

数式で出力
されたものを
削除することが
できないほか、

毎回コマンド操作を
しなければ
いけないので、

どうしても
時間がかかって
しまいます。

この記事では、
関数を使って
スペースを
削除する方法を
紹介します。

結論:SUBSTITUTE関数

=SUBSTITUTE(文字列が入力されたセル,” “,””)

このように入力することで、セルに入力された文字列からスペースを削除することができます。

全角スペースを削除する

この例では半角スペースを削除していますが、マーカー部分を全角スペースにすれば、全角スペースを削除することも可能です。

=SUBSTITUTE(文字列が入力されたセル,” ”,””)

空白以外の文字を消す

また、空白以外の文字を消すこともできます。例えば、”あ”を消す場合には以下の通りです。

=SUBSTITUTE(文字列が入力されたセル,”あ”,””)

複数文字の文字列を削除する

もちろん文字だけでなく、2文字以上の文字列を削除することもできます。”あいうえお”を削除するには以下の通り。

=SUBSTITUTE(文字列が入力されたセル,”あいうえお”,””)

このように、SUBSTITUTE関数を使うことで、スペースだけでなく、あらゆる文字、文字列を削除することができます。

便利なところ

数式を使って削除を行っているので、

  • 関数で出力された文字列からも削除できる
  • もとに戻すとき、もとの文字列に手を加えないため、簡単に戻すことができる

という利点があります。

あとがき

これであなたは、特定の文字列を削除することができるようになりました。

文字列操作は、エクセルで高度な数式を組むための第一歩です。SUBSTITUTE関数はその代表ともいえる関数なので、ぜひ使いこなしてください。