全集中の呼吸【鬼滅の刃】

を狩るための基本技能であると同時に、を殺すための必殺の奥義。

大量の酸素を取り込むことで一時的に身体能力を向上させることができる。その効果は、人間のままのように強くなれるともいわれる。

止血等を行うこともでき、「何でもできるわけではないが」「様々なことができるようになる」とのことで、応用性が高い。(第8巻62話)

耳飾りの剣士・継国縁壱(つぎくによりいち)

縁壱が生まれながらに会得していた呼吸法を、当時の鬼狩りに指南したことで全集中の呼吸が広まった。

水の呼吸

基本5系統の呼吸のうちの一つ。

雷の呼吸

始まりの呼吸である日の呼吸から派生した、基本となる5つの呼吸の一つ。

全部で6つの型を持つが、壱ノ型雷の呼吸における全ての基本となる。

炎の呼吸

使用者

炎柱・煉獄杏寿郎(れんごくきょうじゅろう)

鬼殺隊関係者最強剣士「」の一人、炎柱。

煉獄槇寿郎(れんごくしんじゅろう)

壱ノ型・不知火(しらぬい)

突進しつつ、敵を斬りつける剣技。

広範囲、高威力の技を多く持つ炎の呼吸の型の中でも比較的攻撃範囲が狭く、狭所でも無理なく使用できる技。

炎の呼吸には奥義を除き移動を伴う技がなく、広範囲を移動しながら戦う際に有効。

また、急速に距離を詰めて一撃を放つため、戦闘開始の初手に最適。

他の呼吸法の突撃系の剣技と比較して特殊な動作がなく、非常にオーソドックス。

使用者

炎柱・煉獄杏寿郎(れんごくきょうじゅろう)

鬼殺隊関係者最強剣士「」の一人、炎柱。

弐ノ型・昇り炎天(のぼりえんてん)

下段から円を描くように刀を振り上げ、前方を斬り裂く剣技。

敵からの奇襲に対し後出しで迎撃ができる程に出の早い技。

不知火よりもさらに攻撃範囲が狭く、かつ移動を伴わないため小回りが利く。

縦斬りの技は基本的にの頚を斬るのに向かないため、主に牽制や迎撃用となる。

使用者

炎柱・煉獄杏寿郎(れんごくきょうじゅろう)

鬼殺隊関係者最強剣士「」の一人、炎柱。

肆ノ型・盛炎のうねり(せいえんのうねり)

渦巻く斬撃で前方広範囲を迎撃する剣技。

炎の呼吸の剣技の中では唯一の連続攻撃技。

同じく連続攻撃技である水の呼吸拾ノ型・生生流転とは違い、足を止めたまま攻撃を放つため、飛び道具に対する迎撃で使用している場合膠着状態になる。

敵の攻撃の隙を突いて不知火などで距離を詰めなければ有効打を与えることは難しいが、ひとたび攻撃が入り始めれば立て続けに攻撃を加えることができる強力な技となる。

使用者

炎柱・煉獄杏寿郎(れんごくきょうじゅろう)

鬼殺隊関係者最強剣士「」の一人、炎柱。

伍ノ型・炎虎(えんこ)

大きく刀を振るい、一振りで猛烈な一撃を放つ剣技。

炎の呼吸らしく、高い威力と広い攻撃範囲を兼ね備えた大技。

一方で単発技であるため、広域にわたる連続技への迎撃手段としては不向き。

使用者

炎柱・煉獄杏寿郎(れんごくきょうじゅろう)

鬼殺隊関係者最強剣士「」の一人、炎柱。

玖ノ型・煉獄(れんごく)

猛進しながら一瞬で多くの面積を根こそぎえぐり斬る、炎の呼吸の奥義。

使用者

炎柱・煉獄杏寿郎(れんごくきょうじゅろう)

鬼殺隊関係者最強剣士「」の一人、炎柱。

岩の呼吸

基本5系統の呼吸法の一つ。

基本の呼吸法であるため使用者ももそれなりにいるはずだが、作中で確認された使用者は行冥のみ。

また、行冥日輪刀が異形であるため、通常の日本刀を使用して型を放った場合どのような技になるのかが今ひとつわからない謎の多い呼吸法である。

使用者

岩柱・悲鳴嶼行冥(ひめじまぎょうめい)

鬼殺隊関係者最強剣士「」の一人、岩柱。

壱ノ型・蛇紋岩・双極(じゃもんがん・そうきょく)

手斧と鉄球を投げつけ、同時攻撃を行う技。

使用者

岩柱・悲鳴嶼行冥(ひめじまぎょうめい)

鬼殺隊関係者最強剣士「」の一人、岩柱。

弐ノ型・天面砕き(てんめんくだき)

鉄球を投げた状態から鎖を踏むことで、鉄球を地面に叩き落とす技。

使用者

岩柱・悲鳴嶼行冥(ひめじまぎょうめい)

鬼殺隊関係者最強剣士「」の一人、岩柱。

参ノ型・岩軀の膚(がんくのはだえ)

鎖をつかんで斧を振り回し、周囲の攻撃を捌く技。

使用者

岩柱・悲鳴嶼行冥(ひめじまぎょうめい)

鬼殺隊関係者最強剣士「」の一人、岩柱。

肆ノ型・流紋岩・速征(りゅうもんがん・そくせい)

鎖・斧・鉄球の全てを使って敵に攻撃を仕掛ける技。

使用者

岩柱・悲鳴嶼行冥(ひめじまぎょうめい)

鬼殺隊関係者最強剣士「」の一人、岩柱。

伍ノ型・瓦輪刑部(がりんぎょうぶ)

斧と鉄球を空中から地面に連続して叩き付ける技。

使用者

岩柱・悲鳴嶼行冥(ひめじまぎょうめい)

鬼殺隊関係者最強剣士「」の一人、岩柱。

風の呼吸

基本5系統の呼吸法の一つ。

使用者

風柱・不死川実弥(しなずがわさねみ)

鬼殺隊関係者最強剣士「」の一人、風柱。

壱ノ型・塵旋風・削ぎ(じんせんぷう・そぎ)

旋風を纏いながら高速で突進する剣技。

捌ノ型・初烈風斬り(しょれつかざぎり)

渦巻く風と共に斬り抜ける回転斬り。

獣の呼吸

伊之助が使用する呼吸法。

壱ノ牙・穿ち抜き(うがちぬき)

左右の刀から連続斬りを放ち、敵を細切れにする技。

嘴平伊之助(はしびらいのすけ)

無限列車先頭車両で魘夢の頚の骨を露出させるのに使用。

肆ノ牙・切細裂き(きりこまざき)

左右の刀から連続斬りを放ち、敵を細切れにする技。

嘴平伊之助(はしびらいのすけ)

無限列車先頭車両で魘夢の頚の骨を露出させるのに使用。

伍ノ牙・狂い裂き(くるいざき)

四方八方を斬りつける技。敵に囲まれたときなどに最適。

嘴平伊之助(はしびらいのすけ)

無限列車にて乗客を魘夢から守る際に使用した。

花の呼吸

使用者

栗花落カナヲ(つゆりかなを)

胡蝶カナエ(こちょうかなえ)

肆ノ型・紅花衣(べにはなごろも)

使用者

栗花落カナヲ(つゆりかなを)

伍ノ型・徒の芍薬(あだのしゃくやく)

使用者

栗花落カナヲ(つゆりかなを)

蛇の呼吸

使用者

蛇柱・伊黒小芭内(いぐろおばない)

鬼殺隊関係者最強剣士「」の一人、蛇柱。

参ノ型・塒締め(とぐろじめ)

月の呼吸

黒死牟が使用する呼吸法。

日の呼吸

継国縁壱が生まれながらに会得していた元祖全集中の呼吸

全ての呼吸法は、縁壱がこの呼吸を使い手に合わせてアレンジし、派生させたもの。

縁壱自身はこれを日の呼吸とは呼んでおらず、単に呼吸と呼んでいる。

縁壱炭治郎の祖先炭吉に伝えたものがヒノカミ神楽と名前を変え、継承されていたことが第22巻192話で明言された。

他の呼吸法と違い「壱ノ型」のように番号が振られていない。

ヒノカミ神楽

炭治郎が父・炭十郎から継承した神楽の舞を参考にした呼吸法及び技。

全部で十二の型があり、夜明けまで繰り返し舞い続ける。

日の呼吸の型にあたるものであることが黒死牟によりモノローグで語られた。

縁壱の使用する剣技の型を炭吉が後代まで継承した日の呼吸の型そのものであることが明言された(第22巻192話)。

水の呼吸+ヒノカミ神楽

体力切れによりヒノカミ神楽単体で技を放つことができなくなった炭治郎が、上弦の陸・妓夫太郎/堕姫との戦いの最中、土壇場で使用した水の呼吸ヒノカミ神楽を合わせた呼吸法。

水の呼吸よりも技の威力は上がり、ヒノカミ神楽よりも長く動けるようになる。

一方で、当然ヒノカミ神楽よりも威力は下がり、水の呼吸よりも長くは動けなくなるが、ヒノカミ神楽だけでは最後まで戦っていられない当時の炭治郎にしてみれば、生命線のような工夫である。

使用者

竈門炭治郎(かまどたんじろう)

本作の主人公。

耳飾りを付けた鬼殺の剣士

関連

水の呼吸

基本5系統の呼吸のうちの一つ。

関連

ヒノカミ神楽

炭治郎が父・炭十郎から継承した神楽の舞を参考にした呼吸法及び技。

全部で十二の型があり、夜明けまで繰り返し舞い続ける。

日の呼吸の型にあたるものであることが黒死牟によりモノローグで語られた。

縁壱の使用する剣技の型を炭吉が後代まで継承した日の呼吸の型そのものであることが明言された(第22巻192話)。

関連

全集中・常中(ぜんしゅうちゅう・じょうちゅう)

四六時中全集中の呼吸を行うことで、基礎体力を飛躍的に向上させる。

直接の戦闘技能ではないが、煉獄杏寿郎曰く「への第一歩」(第8巻62話)と言われるほどに重要な技能。

なお、全集中の呼吸は「長くやろうとすると死にそうになる」らしく(第6巻50話)、平然と全集中・常中を維持できるの基礎体力の高さがうかがい知れる。