我妻善逸(あがつまぜんいつ)【鬼滅の刃】

炭治郎郎の同期にあたる鬼殺の剣士

金髪で、全体的に弱気な発言が目立つ。

概要

鬼殺隊

古より存在する、政府非公認の組織。

構成員は数百名おり、主な構成員は直接と戦う鬼殺の剣士と、バックアップを担当する

そのほかに日輪刀を作る刀鍛冶、新たな鬼殺の剣士の指導を行う育手がいる。

鬼殺の剣士(きさつのけんし)

鬼殺隊関係者の隊士のこと。

標準装備として、日輪刀隊服を持ち、直接と対峙する戦闘員である。

刀を持つことから、隊士は鬼殺の剣士、あるいは単に剣士と呼ばれる。

また、を狩ることを生業としていることから、(主にから)鬼狩りと呼ばれることもある。

多くの剣士が全集中の呼吸を習得しており、主たる戦闘手段として用いている。

鬼殺の剣士のうち、優れた実績を残した者はに昇格する。一応鬼殺の剣士ではあるのだが、わざわざを指して鬼殺の剣士と呼ぶことは殆どない。

日輪刀

鬼殺の剣士が所有する刀。

太陽に一番近い山「陽光山」でとれる、陽の光を吸収する鉄「猩々緋砂鉄」「猩々緋鉱石」を原料とする。

を殺すことのできる唯一の武器。

日輪刀で頚を斬ることでを殺すことができる。

持ち主の呼吸への適性によって色が変わり、「色変わりの刀」の別名で呼ばれる。

善逸日輪刀の色は「黄色」。

鎬には稲妻のような紋様が入っており、雷の呼吸の申し子とでもいうべき極めて高い適性があることを示している。

慈悟郎に共同での後継と指名された獪岳と同じ紋様。

戦闘技能

全集中の呼吸

を狩るための基本技能であると同時に、を殺すための必殺の奥義。

大量の酸素を取り込むことで一時的に身体能力を向上させることができる。その効果は、人間のままのように強くなれるともいわれる。

止血等を行うこともでき、「何でもできるわけではないが」「様々なことができるようになる」とのことで、応用性が高い。(第8巻62話)

雷の呼吸

始まりの呼吸である日の呼吸から派生した、基本となる5つの呼吸の一つ。

全部で6つの型を持つが、壱ノ型雷の呼吸における全ての基本となる。

善逸壱ノ型しか習得することができなかった。

壱ノ型・霹靂一閃(へきれきいっせん)

刀を鞘に納めた状態から、目にも止まらぬ速さで繰り出される居合の技。

その速さは、構えてから技を出し終わるまで、刀身が晒されることがないほど。

雷の呼吸における全ての基本になる技。

善逸雷の呼吸の型のうち、この技しか習得することができなかったが、この技を発展させたことで、強力なとも渡り合うことができるようになった。

壱ノ型・霹靂一閃・六連(へきれきいっせん・ろくれん)

霹靂一閃を6連続で放つ技。

踏み込みの音が1度に聞こえるほどの超高速の連続攻撃。

「一つのことを極めろ」というの教えを体現した技。

無限列車にて禰豆子魘夢から守る際に使用した。

壱ノ型・霹靂一閃・八連(へきれきいっせん・はちれん)

霹靂一閃を8連続で放つ技。

全集中・常中を習得したことで基礎体力が向上し、霹靂一閃・六連の連撃回数が増加した。

壱ノ型・霹靂一閃・神速(へきれきいっせん・しんそく)

上弦の鬼ですら反応できないほどの速度で放つ、まさに神速の霹靂一閃

一度の戦闘で二度しか使えず、二度使うと足の骨が折れる諸刃の剣。

漆ノ型・火雷神(ほのいかづちのかみ)

善逸が編み出した新たな雷の呼吸の型。

羽織が弾け飛ぶほどの速度で放たれる、超神速の居合の剣技。

その速度は上弦の陸の目でも見えないほど。

全集中・常中(ぜんしゅうちゅう・じょうちゅう)

四六時中全集中の呼吸を行うことで、基礎体力を飛躍的に向上させる。

直接の戦闘技能ではないが、煉獄杏寿郎曰く「への第一歩」(第8巻62話)と言われるほどに重要な技能。

なお、全集中の呼吸は「長くやろうとすると死にそうになる」らしく(第6巻50話)、平然と全集中・常中を維持できるの基礎体力の高さがうかがい知れる。

聴覚

優れた聴覚により、周囲の環境や敵の行動などを読み取る能力。

善逸は心音や体から発せられる音を聞くことで、人やの存在を探知するほか、その感情や思考すらも読み取ることができる。

眠り善逸

平常時の善逸は臆病で弱気なため、を目の前にしても恐怖と緊張感でうまく戦うことができない。

しかし、緊張が最高潮に達したとき失神し、眠りに落ちる。

眠っている間は緊張から解き放たれているため、善逸が本来持つポテンシャルを最大限に発揮することができるようになる。

眠っているため当然目は閉じたままだが、人並外れた聴覚のおかげで、目を閉じたままでも支障なく戦闘を行うことができる。

獪岳との戦闘以降は、眠りに落ちることなく戦闘を行っている。